2018年6月29日(金)デジタルマーケターのためのDM講座 第4回「顧客分析とターゲティング手法」

登壇者

兼松 祐二 氏  (兼松経営株式会社)

概要

ダイレクトメール(DM)の幅広い実務知識を体系的にまとめた『新DMの教科書』の著者のひとりであり、日本ダイレクトメール協会 資格試験認定講座講師として年間50回以上のセミナー・研修の講師を務める兼松氏。セグメントされた顧客ごとに何をしたらよいか、デジタル・アナログのそれぞれが効果的な場面・ポイントを解説します。

セッション参加者:25

レポート

顧客分析によってセグメントされたクラスタごとのアプローチ方法を事例をもとに学ぶことができました。実際に実務で分析を行っている人は少なかったのですが、デシル分析やRFM分析など、難しそうな分析法もすぐに実務に取り入れられそうな内容でした。

イベント情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です