デジタルとアナログの世界がテクノロジーで繋がることにより、パーソナライズDMなどライトタイミング、ライトオファーで情報を伝えることができるようになりました。

しかし、適切なタイミングで適切なコンテンツを提供できることはとても大事な事ですが、受取る側が最初に目にするクリエイティブが適切でなければ、タイミングとコンテンツは無駄になってしまう可能性があります。

情報を載せただけではなく、受け取り側へ共感と記憶に残る情報をクリエイティブし提供するにはフォントが担う役割はかなり大きいと考えられます。

クリエイター/マーケの方々(我々も)は、多くのマーケティング施策やプリントメデイアに携わる中で、精度を上げたより高いコミュニケーションを築く為には、施策を磨くことと併せて、フォントの選択と使い方にも細心の注意を払う必要があると思われます。

本セミナーでは、文字を扱うリーディングカンパニーのモリサワ様を迎え、フォントによって印象や伝わり方が変わる面白さや日本の文字文化がどのように発展してきたかなどをご紹介していただきます。セミナー後半ではユニバーサルフォントを使用した事例やワークショップを兼ねて質疑応答など知識を深める時間も用意しております。

是非ご来場お待ちしています。

アジェンダ

15:40-16:00  受付

16:00-17:30  伝わり方はフォントで変わる? コミュニケーションを支えるフォントの世界

         株式会社モリサワ様

17:30~      質疑応答

18:00-19:00  懇親会(希望者のみ)

 

セミナー開催のご案内

日時:2019/6/13日(木)16:00~18:00(15:40会場)

18:00~19:00 懇親会(希望者のみ 会費制 / 1,000円)

場所:goof.lab

(株式会社グーフ 品川区大崎4-1-2 ウィン第2五反田ビル3F Tel: 03-5759-5179)

問い合わせ:株式会社グーフ goof.lab事務局 保泉まで hozumi@goof.buzz

ビジネスのネットワークを広げる機会ですので、ぜひお気軽にご参加ください!

 

 

【伝わり方はフォントで変わる?】
コミュニケーションを支えるフォントの世界